ポルシェ専門店
ガレージトリップBlog
911、928が中心のポルシェ専門店。
仕入れの際、内装には特にこだわると言うだけに、
低年式車であっても、そんな雰囲気は微塵も感じ
させない老舗プロショップ。
 カテゴリ
ニュース
新着入庫
御成約車
工場日記 (旧Gallery)
ユーザーボイス
モブログ
パーツ情報

 カレンダー
<< 2017年12月





1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31






 新着記事
ポルシェ/911/911カレラ2 入庫
ポルシェ964カレラ4 89年モデル ディーラー車 御成約有難う御座います。
BMW/3シリーズ/318Ci Mスポーツ 入庫
ポルシェ/911/911カレラ2ティプトロ 入庫
メルセデスベンツ E350 ブルーテック アバンギャルド 2010y モデル ディーラー車 御成約有難う御座います。
ポルシェ928 S4 トルクチューブ
ポルシェ911SC
BMW/3シリーズ ツーリング/318iツーリング Mスポーツ 入庫
ホンダ S660 H28年 0.2万km 6MT
ポルシェ/928/928S4エクスクルーシブ 入庫

 ブログ内検索
キーワードで検索します。

 バックナンバー
2017年12月(1)
2017年11月(2)
2017年10月(2)
2017年08月(4)
2017年07月(1)
more...

 訪問履歴
本日 全体
訪問者 282 1007894
コメント 0 76
トラックバック 0 3

 RSSリンク
サイト最新情報をRSSリーダーにて受信できます。


このブログを自分の
「お気に入りブログ」に登録する。

 お気に入りブログ

 最近のコメント
 びっくりするでしょ?最初の値段か...
114000円 !!
工場に車が入庫してくるたびに、大事...
エアコン修理、安くしてもらって助か...
この度はお世話になりました。一ヶ月...
昨日は、有難う御座いました。気がつ...
今日は納車有り難うございました。気...
この964は、車重の若干の軽量と足...
やっぱり予想どおりの面白い車です。...
こちらこそ、宜しくお願いします。9...

 最近のトラックバック
冷却ファンの動作
週末は
PORSCHE 928 GT (5...

 fc2

ブログ店 クルマ版 トップヘ

Powered by ブログ店

2015年12月29日
年末年始の挨拶
本年も GARAGE TRIP をお引き立て頂きまして有難う御座いました。                                                               
                下記日程で休業させて頂きます。        

          平成27年12月30日(水)〜平成28年1月3日(日)                 

                新年から 更にサービスを充実させ         

            お客様に満足して頂ける様に努力して行きますので            

                今後とも、宜しくお願い致します。                                                                         

                                  店主
この記事のURL : http://blog.g-trip.com/479222.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2015年12月26日
ポルシェ 911カレラ2 ウィンブルドングリーン




残り少なくなりました964です。


ここ数年で


日本からどっと出て行きました。




外国から見れば

走行の少ない

日本の車は

優良中古車だそうです。




964は、売れはしましたが


もう生産されて無い車なので


その数は減る一方です。



残った車も


いい状態の物は皆

手元に置いて


手離さないでしょうから


なおさら


中古車を見つけるのが難しいですね。





ウィンブルドン・グリーン



大人なイメージのカラーです。



こんな色が合うのも964ならでは




抑揚のある外観をしているので

964は、もっと奇抜な色でも似合ってしまいます






オートマの

フィルターとオイルを交換します












フィルターを見ると

汚れているのが判ります







オイルレベルのチューブを換えます


ホースが劣化してオイル漏れてました



ホースだけの設定は無し

なので

アッセン交換です



まぁ

そんなに高価では無いですし

チューブも劣化して

オイルが見えにくくなっているので

変え時かな?






あるある・・・・・






964に限らず


ポルシェのフード類は


ショックアブソーバーが抜けたら


落ちてきます。




定期交換部品みたいですね








リアの方が

過酷な環境ですので


交換サイクルは早い目です





後付けで

ターボウィング付けるなら

絶対落ちてくる・・・・・・







フューエルメーターの動きが悪く


センサーユニット交換します







燃料系が狂ってると

乗りづらいですものね






DMEリレーも

交換サイクル早い目です


燃料ポンプが動かなくなる前に・・・・



なので


予備を積んでる人

大勢居ます



皆さん良くお解りの様です。







フロントのスタビライザーロッド

交換です




その他に


バッテリーと

ベルトと

フューエルフィルターも

交換しました。




気持ちよく乗って頂ければ

嬉しく思います。

この記事のURL : http://blog.g-trip.com/478856.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2015年12月9日
ポルシェ911SC


1980年と言うとかなり前になりますけれど


ポルシェは古い個体でも

現存して残っていますし

現役で走れるものも沢山有ります。



ただ

勘違いされるといけないので

最初に言っておきますと


「ちゃんと整備出来ているのが条件です」 と。



いくらポルシェの耐久性が優れていても

きちんと整備が出来てないと


まともには動きません。




なので


これぐらいの年式になると

個体の状態が全てですね







比較的綺麗なものでも


ある程度の補修は必要です



電気パーツは特に!!



電球などは当然の事


モーター類も予算に入れておく必要があります









エンジンルームのブロアーファンは良く壊れています


当然交換なのですが


意外とお高いです


こちらは交換しております

新品ではありませんが



フロントフード内の


デフロスターモーターも壊れていて


こちらは新品に交換しました


エンジンルーム内の

防音マットは交換

と言うか



付いてなかったですね


かけらは残ってましたが・・・






窓のゴムも傷んでいるものは交換しかありません




フロントウィンドウのシールも交換


左クォーターシールも交換






金属のモールは以前のパーツが手に入らないので

脱着の場合は要注意!!


シールを切って外す方が得策です





バルブが切れて無くても

配線が古くなって


接触不良も、多々あります



電気トラブルは原因追求に時間が掛りますが

あせらずじっくりやれば解決します



古い車の、もっとも嫌なトラブルが

こういう

電気関係ですが


古いゆえ

ある程度は覚悟の上

付き合って頂くしかありませんね



まぁ

現行モデルの様に

何でもアッセン交換しなくても良い分


安価な修理で終わりますので。





車を移動中に

いきなり


ガラガラという大きな音が出だした




知らない人が聞くと

エンジン壊れたのかと勘違いするほどの大きな音です




これは

カムチェーンのテンショナーが圧抜けした為で



チェーンの張りが無くなってしまった結果

チェーンの暴れる音だったのです




SCのチェーンテンショナーは

封入式で



圧力が抜けちゃえば終了!



交換や修理の手も有りますが



エンジンの油圧を利用した


930カレラなどの

テンショナーにモディファイする事も出来ます



これだと

圧抜けのトラブルは

ほぼ防げます


エンジンかかってる限り


油圧で押し上げますから


よっぽど酷い壊れ方しない限り

このような事にはなりません



これはお勧めですね









930カレラ系のパーツが使えます








チェーンカバーや

オイルパイプ類

テンショナーなど


全てそろえると

大きな金額になりますので



キットにして販売している物もありますから


そちらから選ぶのも有り。









右側のオイルパイプが通る、逃げの部分は


SCのリアカバーには無く


型取りしてカバーを切り欠く必要があります


左側はオイルパイプが上を通るので

加工の必要が無いです








カーペットも新調しました


パーツの欠品する事も有りますが


この辺の物は

製作する事も出来ますので心配要りませんね




一見の価値ありです

ぜひショールームでご確認を・・・





この記事のURL : http://blog.g-trip.com/477268.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2015年10月24日
ポルシェ928GTS



928のバッテリー上がり・・・・・


慣れましたが

バッテリーの交換は一苦労です。



軽い症状なら

ジャンピングケーブルつないで

エンジンかけて


半日ほど走り回れば回復しますが


空に近いぐらいバッテリーが干上がっちゃうと


無理にジャンピングしないほうが良い。



古い車なので

電子機器によろしくないです。




バッテリーの搭載位置は


リアゲート開けて

カーペットめくると

左側に樹脂製のふたが存在します



このふたを取り外すと

空気の入っていないスペアタイヤが収まってます。



バッテリーはこの下に納まっているのですが


このスペアタイヤが曲者





かなりタイトな感じで収まっているので

取り出しも大変だし

入れる時はもっと大変!!



取り外したときに注意してみてみると


左右部分がひしゃげているので

入れる時は同じように

左右部分にひしゃげた部分を持ってくると

入れやすいです。



以前、このスペアタイヤに空気を入れて

膨らませて使った方がいましたが



元通りに収まらなくなって


大変苦労した事があります。



元通りにするには

真空ポンでも持ってきて

空気を抜かないと

タイヤスペースに収まりませんね。



って事で


928のバッテリーは


弱ってきたら直ぐに交換・・・・・



よろしいかと思います。








そして、この

修理預かりの928に珍しいトラブルです




工場内を移動中



左のボンネットの隙間から


モクモク煙が・・・・・・




オイルの焼けるにおいがしたので


チェックです。










左のエキゾーストにオイルがこぼれ落ちたみたいですが



どうやら

パワステオイルのようです。





ポンプからラックに行ってる


高圧ホースの漏れでした。






パワステの高圧ホースは要注意です



圧力がかかっているので

粘度の低いオイルは

高温時

霧状になってもれる場合が有ります。



運が悪いと火災の原因にもなりますので

早急に処置が必要です。




とりあえずマフラーにしずくが落ちないように

テープでぐるぐる巻きにして


移動させました。










もう一つ


あまり無かったトラブルです。


パワーウィンドウのレギュレターが

おかしくなり

窓が閉まらないようです。







分解してみると


アームの先の樹脂製の駒が割れてました







3番、4番


の交換ですが


日本に無い!!




でもまぁ

これから出てきてもおかしくないトラブルですね


なんせ樹脂製ですから・・・・







そして

よくあるトラブルが





これと













これ!





パワーウィンドウのスイッチは

古くなくても接触不良によくなります。


手で押さえて

グリグリすれば直ることも有りますが


重症なら交換しかありません。




もう一つは


電動ミラーのアジャストスイッチです。




これもよくあるトラブルですね。



どちらも接点が不良になるみたいなので


用が無くても

たまに動かした方が良いでしょう。








928のある事

ない事でした。







この記事のURL : http://blog.g-trip.com/472383.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP
2015年8月26日
ポルシェ930 ファクトリーターボルック 86yモデル 赤 御成約ありがとう御座います。
  
                                  

        ポルシェ930ファクトリーターボルック 御購入有難う御座います。

         この度、930ターボルック の入庫は 初めてでした。

          930ターボルック仕様は、何台か入庫致しましたが、

           ファクトリー製造の930ターボルックはおそらく

        後にも、先にも、この ターボルック だけになるでしょう。

         964ターボルックカブリオレは数台入庫致しましたが、

             930ファクトリーターボルックは、 

         滅多に お目に掛かれない ポルシェ だと思います。

        現在、実動できるのは、日本に何台あるのでしょう・・??
      
            希少な、930ファクトリーターボルック 

        適度なメンテナンスを実施して 維持してくださいね。

             
            この度は、有難う御座いました。

          これからも宜しくお願いいたします。    店主
この記事のURL : http://blog.g-trip.com/466383.html
お問合せ   |   コメント(0)   |   トラックバック(0)   |   ▲TOP

[先頭] [前10] [前ページ] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [次ページ] [次10] [最終]

 
ブログホーム
在庫リスト
パーツリスト
ショップ紹介